他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

「じゃあ何歳に見えるんですか!」って聞いとけば参考になったかもしれない。

とらのあなで、コミックLOといちはやの『妹は天才』を買おうとしたら、「こちら成人向け商材が含まれていますので、何か年齢確認ができるもののご提示をお願いします」と言われた。エロ本を買おうとしたら、年齢確認された。エロ本を買おうとしたら、年齢確…

黄味がかった茶

突発的にイライラしたので、びんちょうまぐろをマヨネーズと醤油でてろてろに炒めた。マヨネーズの脂分が加熱されてどこに行ったのか分からないが、フライパンには最終的にほとんど残らなかったから、玉ねぎとかえのきとかに効率よく吸収されて、胃袋の中に…

「この厚化粧が」

でっかい、マグロの血合いを買って来た。でっかい血合いを買ってこようと思ったわけではない。上っ面の方が、切れ端として売り出されている割には綺麗な身・色だったので、これは掘り出し物お買い得だぞと買い物かごに放り込み、家に帰って最上面を覆ってい…

ワカメと玉ねぎの酢の物

数日前に見た「指名認印」は誤字ではないかという話だが、今日ふと目に留まったのでよく見ると「特名認印」の間違いだった。私の目が節穴だったという事である。普段ぷにあなばっかり見ているからだろうか。家から駅に至るまでの道中、両脇の建物に押し潰さ…

降参するなら手を

2、3日の間に、人間レベルがかなり下がった。人間レベルというのは、大した定義も与えず適当に使っているテクニカル未満のタームである。疲れた時に「ん"ぁ"ぁ"っ」と口にするのと大差がない。日が変わる前にお布団に潜り込めるようには回復していきたい。…

out of date

近所に「古き良き」と形容するに全くの躊躇いを覚えない、個人経営感100パーセントの文房具屋がある。店先に「当店オススメの電卓!!!」という時代感覚がバグっている商品が掲げてあるのが本当に面白い。980円の電卓を、結構変な場所にあるもっさりした文…

高血圧飼育小屋

今日も人参を銀杏切りにしてしまった。いつも銀杏切りをする。99パーセントを超える確率で銀杏切りする。毎日人参を食べているので、一ヶ月に30銀杏切りポイントを獲得していることになる。人参銀杏切りポイントショップがあったら、一番いい商品と交換でき…

だからお客様とか言ってんのかな?

やっとマイナンバー通知カードを役所に取りに行った。3ヶ月くらい放置していたが、役所で保管されて半年が経過すると、残念ながらそのカードは廃棄処分ご臨終される。わざわざ五百円かけて再発行した割にはまったく執着が見られなかったが、お金周りでマイ…

ハイテックは微妙

今現在のキーボードの打ち心地がとてもよろしいのですぐ忘れそうになるが、文字を手書きするのは好きである。短編とかコントを考える時は、ノートにユニボールシグノで書いている。ユニボールシグノという点が大切だ。ジェットストリームやゼブラの他のなん…

視覚優位

突然寒くなった。パソコンのハードディスクが突然奇音を出し二度と息を吹き返さなくなった時の唐突さに似ている。例に挙げたものの、自ら経験した事はない。本当である。いきなりスクリーンがホワイトアウトする程度だ。窓を開けても、そしてこの点で季節の…

受け渡す手の在り方を考えてくれ

砂肝を食うと、高確率で奥歯に挟まる。奥の歯に挟まるというその時点で十分かなり厄介なのだが、砂肝は極めて弾力に富んだテクスチャのため、ギッチギチに圧縮された状態で奥歯と奥歯の間という隘路に迷い込むと、ものすごく除去が難しくなる。舌でツンツン…

チャックに挟まるあいつらは食べられる事なく捨てられるから不憫

ここしばらく、ふりかけの『のりたま』が頭から離れない。ふとぼんやりする事の手綱を緩めると、脳みその隙間からにょろりと緑と赤、黄色のパッケージが顔を出し、リーダーであるニワトリを先頭にヒヨコ達が駆けていく。リーダーと形容したのは、先頭のチキ…

引かれるものがなくなったが

昨日の日記を書いた直後に、髪をばっさりいった。襟足だけだが。風呂上がりに、一番水滴がぴちょんぴちょん垂れてくる部位だったので、業腹だったのである。ゴムでしっかり縛って、ハンズで2000円もしたハサミでジョキジョキした。ジョキジョキ出来なかった…

そういう組み合わせの美味しいふりかけもあるのに

米を地元から送ってもらったので、かつてよく食べていた、なんだかよく分からない正体不明の炒め飯を作った。適当に炒めて、適当にご飯を入れて、マヨネーズとかソースとかの手近にある調味料を入れるだけの、要求思考量がとても少ない料理である。こんなに…

エレクトロン

この季節に、夜、暑くて寝苦しいのは珍しい。布団をかけると暑いのはもちろんだが、タオルケットでさえ暑く感じてしまう。いつの間にか代謝がものすごくよくなり、基礎体温がうなぎ登りになったわけでもないはずなので、きっとおそらくほぼ気候のせいだ。暑…

かき抱いたぬいぐるみの話を

逆上した時に、しばしば「お前に〇〇の何が分かる!」と叫ぶ場面が見られる。心の祭壇に抱いているものへ、そしてそれが脅かされている時に、近づいてくるものは何であれ怖いし恐ろしいし、排除排斥の念を抱くものだ。そうでないなら、なぜそれを心の祭壇に…

5日くらい使い忘れていたネギをやっと切った

何をしたかの記憶が薄い日なので、何もしなかったの濃度が高い日だったのだと思われる。何もしなかったのだから濃度が低い日なのだが、円グラフの中身がない方に着目した場合の数字だからであって、中身がある方をメインに据えればした事の濃度が薄まる。薄…

シャア専用ザクと色が似ている

ウルトラ雨が降っている。このウルトラは副詞であって雨にかかる形容詞ではない。ウルトラ雨とはなんだ。ウルトラマン一家一族郎党が波状でやってくるのか。怖いだろう。秋になりきれていない。今の季節は、学校の進路希望調査で一体何と書いたのだろうか。…

賽銭箱の中も空っぽではある

頭の中がものすっごい空っぽだった。住人が引っ越した直後の5畳半で、紙粘土で作ったビー玉が(ビードロの玉でビー玉なのだろうから、おそらく正しくない。紙粘土で作った球体が)からころとはねっかえっているだけだった。窓ガラスを突き破って投げ込まれ…

未だに年齢規制線を越える時にドキドキする

それなりの期間お世話になった事がある印刷所の人と再会した。ぼけーっと歩いていたら、よく分からんビルに印刷物を運び込んでいた。包装も変わっていないし運搬用バンも変わっていないし、坊主という髪型も変わっていなかった。目が合いはしたものの、認知…

もしかして「ほっくり」と「栗」がかかってんのか

「冴」という漢字が、実はすごくかっこいい構成なのではないかと気がついた。二水に牙である。三水ではなく二水であるところに微妙なレアリティを漂わせるし、牙はまあそれだけで十分かっこいいと言っていいだろう。あまり人名に入っているところを見かけな…

赤く流れる三途の川

数日ぶりに洗濯物が安心して干せる気候だった。寝ている間にall is overだった。昨日、夜ご飯に秋刀魚を2尾食べたのだけれど、朝の排便時に便から秋刀魚の匂いがした。辛いものを食べると粘膜が悲鳴を上げるのを感じ、かぼちゃをアホほど食べると色が黄色く…

樹形図をそぞろ歩くパンフレット

「攻略」ってどういう構造をしているのかと思う。「略」によって「攻」めるという事だ。つまり、それって、どういう事なのだ? 攻めるのは、何かを進めていくという意味だから理解できる。しかし、略とは一体全体なんなのだろうか。省略簡略前略の略なのか。…

過日

梨を剥いた。どばどば果汁が出た。どばどばは言い過ぎか。ぽたぽた出た。果汁が滴るだけいい事だと思う。鳥取だかに梨狩り農園があって、なかなかに辺鄙なところに位置してはいるのだけれど、広いは広いし梨は美味しいので記憶に残っている。弁当を持ってい…

惣菜コーナーだけ人口密度が高かった。

やるべき事があるのは幸せな事だと言ってもいいと思うが、やらなければならない事をやらなければならない状況が幸せかどうかはまた別の話なのではないかとも思う。だから、トラックが荷物を積まれている状態は幸せと言う事もできるはずだし、しかしその状態…

せんとうにとつにゅうした!

近所の銭湯で入り口の扉が開いていたので、通りすがりに中を覗いてみた。「おんな湯」「おとこ湯」と書いてあった。私は「男湯」「女湯」と漢字で書いてあるごっつい方の表記しか知らないので、ひらがなで可愛らしくプリティに示されているのは記憶の限り初…

金科玉条

ゴマドレッシングを略すと、「ゴング」になる事を発見した。特に意味はない。サラダという食事は、胃袋と物量の戦争をもたらすものではないからだ。むしろ、まず食前にサラダを食べる事によって(字義矛盾しているような気がする)腹を膨らませ、総量として…

ルゥも頭数しか許さない

こくまろカレーは、ブロック1つだと薄い。ちょっとした水止まりだ。なので、2つ入れた。ほとんど溶けた瞬間から、異常な粘り気と加速する焦げが観測できた。1つだと少ない。2つだと、どうやら1人分の分量の水・原材料に対して多すぎるようだ。しかし、…

converter

ドイツの通貨単位「ペニヒ」は、原語で綴るとPfennigになるらしい。ドイツ語はほぼ文字通りに読むので、カタカナでむりくり音写すれば「プフェンニヒ」になる。プフェンニヒ。Pfという冒頭の二文字がとってもドイツ語だが、そこを「もう『ペ』でええやんけ」…

シューリンガン

家賃が安くなった。ちょっぴりではあるが、塵も積もれば山となり雪崩を起こして人命を奪う天災となるのだから馬鹿にはできない。笑えない。一円を笑う者は一円に泣くらしい。私としては百万円の買い物をする時に一円足りないよりも、三百円の買い物をする時…