他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

『キルドヤ』にコミットしたレポート

結構前に、しばらくオンラインエロゲを漁って紹介していた時期があったが、それらの記事の中でDMM配給の『キルドヤ』というゲームを紹介したことがある。

これ↓

mezounagi.hatenablog.com

 

ティザーサイト↓

意識高い系ワード擬人化RPG「キルドヤ」 - DMM GAMES R18

 

知らない人はさっぱり知らないであろうが、とりあえず面白いのでティザーサイトだけでも見てみてほしい。

で、本題なのだが、面白そうというだけで取り上げて終わりでは勿体ないのではないか、と思い、敬愛する『オナホ動画.com』のオナ郎師匠に倣い、実際にやってきた。もともとDMMアカウント持ってたし話は早かった。

結論を先に言うと、爆笑した。

18歳以上の良い子の皆、やろう。そしてこの感覚を共有しよう。

 

************

 

まずストーリーモードのしょっぱなから面白い。

ネタバレに配慮する人間なので確たることは言えないが、『キルドヤ』のシナリオライターについては詳しく調べていないので誰だか分からないのだけれど、話の筋が面白い。疑って悪かった。羊頭狗肉というか、犬の頭ジンギスカンということもあるのだと知った。(エロパートシナリオについては、ぽろりと駒井半次郎のものしかいいと思ったことがないと述べさせてもらうに留める)

勇者の名前が一色高雄(いっしき・たかお)である。序盤からずっと笑っていた。段々慣れて真面目に話の筋を楽しめるようになるが、意識高い系ワード擬人化キャラがぽんぽん出てくる序盤は実に腹筋に効く。

各側近(魔王の右腕)のキャラクターもしっかりできていて、察するにそれなりにしっかりしたシナリオライターを引っ張ってきたらしい。企画を説明する方もする方だが、説明されて乗る方も乗る方である。そのおかげでよいコンテンツに巡り合えたからよかったけど。

グローバル・スタンダードというキャラがいて、略称がグロスタなのだが、英国の大学都市オックスフォード行のバスの終点が「グロースター・グリーン」である。こんなポイントで笑うプレイヤーは私だけだと思う。

マイルストーンというプレイヤーナビゲーター役のキャラがいて、ざっくり言うと「大阪弁の角が生えた羽川翼」である。誰か同意して。結構いいところ突いてると思うの。

そうそう、始めたばっかりの人向けにもらえる★5「シズル感」、もらいました。ガチャを引いたらもう一枚出ました。わぁ。★5は他にも「マスト」「カウンタープラン」「ホスピタリティ」「フレキシブル」が出ました。何言ってるか分からないでしょう?

こういうゲームなんですよ。10+1連ガチャを引いて横文字がバンバン出てくる。

規定文字数に達したので、明日もこれについて書こうかね。