他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

ドナドナ、子豚を乗せて、寒空の下

さっきふと思い出したんですけど。

2日前に、自分の子供が生誕する瞬間を想像して泣きそうになりました。

情緒不安定のレベルが毎日上がり続けています。

っていうか、そこまで行くのに前途多難というか、私の場合は全途多難ですし。

今日思いついた言葉に、「単数形の変化表しかない奴を複数形に突っ込むな」っていうのがあるんですけど。

双数形さえままならない。

 

冬になってから下半身が寒いなー、とずっと思ってました。

思い出しました。

このズボン、ユニクロの夏用の薄いやつです。道理でぺらぺらなわけだ。夏場は風通しが良くて快適だけど、冬場に風通しが良くても困る。でも、他にまともな下半身服飾具は2本しか持っていないので、まあ、別に寒くてもいいやって思って。

前のバイト先の店長から譲り受けた品である。サイズが合わなくなったからもらったのだが、店内で試着してあまりにもぴったりだったのでびっくりした。

ユニクロは、服飾がどうでもいい人にとって強い。泥団子のサラ粉みたいなもんだ。

違うかな?

 

前に荷台が付いた自転車に乗っている人を見た。

わくわく運動公園的な施設にある、わくわく自転車的なやつの中にありそうな、子供心をくすぐる外見だった。

家庭環境がまだまともだったような気がする時分を思い出して複雑な気分になるのだが、物心ついた時からあんまり安定してなかった気がしてもっと複雑な気分になる。

消極的な意味で、前向きな意味じゃなくて、昔を思い出したくないから仕方なく前を向いているけれど、本音を言えば横を向いていたい。先の事とか考えずに、本棚を眺めてフィクションの後姿を追っかけていたい。

責任とか、いらないよね。

 

人と話さざるを得ない機会があった。

発語した。

聞こえないと言われた。

声を大きくした。

何を言っているのか分からないと言われた。

どうやら、私の中で「筋のあることをしゃべる」「人に聞こえる音量を確保する」がトレードオフになっていたらしい。

よりコミュニケーションが面倒になった。

 

豚バラ肉を買った。

切に思うが、炒め物は醤油掛けてチーズ乗せれば美味しい。

ギリギリ人としての形を保ってる味がして、ギリギリ惨めな味がしない。

苦虫食べ放題90分を終えた後のような面構えが悪化せずに済む。

冷蔵庫に入れる時に気が付いたが、いや、本当はカゴに入れる時にもう気が付いていたのだが、めっちゃ脂が多い。

肉3:脂7くらい。

肉の脂苦手なんだけど。

無料でもらえる牛脂あるじゃないですか。

あれに、ちょっと肉片がこびりついてるようなものですよ。誇張すればね。

でも、いや、これは脂が多い。

こんがり焼かなきゃ。

さいなら。