他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

エッグ犬のフンレバ~

おはよ~。

この、にょろっ、という記号を使っても違和感がない人と、ある人がいますよね。私はある方じゃないでしょうか。毎日文体が変わるどちゃくそ野郎なので、どっちでもないのかもしれません。正式名称は、チルダでしたかね。

んな事どうでもいいんですよ。

聞いて聞いて~。

また新しい短編のアイディア思いついたの~。

しかもバレンタインのやつだよ。季節ものだよ。時節に背中を向けてるくせにこんなの思いつくのすごくない~? 特にすごくはないと思う。

2月14日までに書かないと、鮮度が。鮮度がね。過ぎたとしても書くは書くけど、文脈による意味の最大化が効かなくなるからね。そこはちゃんとしよう。

最近アクセス解析が色んなページに散ってて面白いんだよ。どうやったらヤフー検索で『桜色の乳首の桜の樹の下で』に辿り着くのか分かんないもん。どんな検索ワードで引っかかるんだ。教えてくれ。というか、ここに直で来ている人が多いのかな? ツイッターからはあんまり動いてないし(キルドヤにコミットしたレポート4図鑑編はたまにいる)。

分からん。その気があったら教えてください。そろそろ日常の話をします。

 

料理の時は頭の中が空っぽだ。中身を吸い出した卵の殻みたいなもんで。

台所に立った瞬間に、「今日はあれを作る」と決める。その後は、身体が覚えている全自動プログラムに従って動くから、何も考えていない。何も考えていないというのは言い過ぎで、あのエロCG集よかったな~とか、あんなことこんなことしたいな~(ドラえもんではない)とか、血よりも水よりも薄い事を考えているのだが、脳味噌の稼働率は一桁台であることに間違いない。

そのせいか、ここ数日大きなヘマをやらかしてしまうことがあった。

コンロとシンクが一体ではなくて、間にほんの少しの隙間があるのだが、切ったタマネギをフライパンに入れようと包丁と手で抱えて移動中に、どっかに引っ掛かってその溝にほとんど落とした。手が入らないくらい狭いので、包丁とまな板で頑張って引きずり出した。タマネギの神様ごめんなさい。

朝ご飯の炒り卵あるいは目玉焼きの為に卵をフライパンに割るのだが、上手く割れなくなった。昨日は生涯で一番ひどいミスをして、ほとんどが炸裂してコンロと床を卵でべっちゃべちゃにした。卵黄のほぼ全てが床に広がり、焼く前のパンみたいにテラテラ光っていた。今も、拭いたけどなんか光っている。卵を割る行為は、ゴムをつけずにナマでするようなもんで、様子を伺いながら奥を(フライパンの端を)コンコン突いて、「あ、もう出る出る出るっ(割れる)」というところでチンコ抜いて(叩きつけるのやめて)外に出す(フライパンに出す)、という比喩で説明できるな、と思ったのでこの話をしましたが、クソみてーな話ですね。

「出るの精子じゃなくて卵じゃん。無精卵だし、いくら中出ししても」――。

帰ってきてしまいましたね。あのCG集は本当によかったのです。

もう字数過ぎてんだけど、どうしてもしたい話がもう一個あるから、もうちょっと付き合ってね。

食材の買い出しに行きました。

帰途。

目の前で犬が、いきなりウンコし始めました。まあ、生理的欲求だから仕方がないね。

でもね。その出方がすごく面白かったの。

そういう犬種なのか知らないけど、尻尾の先っぽに毛が生えてなくて、骨と皮だけでつるつるしてたんだ。まるでチンコのように。

それが秒当たり2往復くらいで「ピィコピコピコピコォ!!!!!」っていう超速で振動して、まるでコマ送りで見るかのようにフンが「もぉりもりもりもりぃぃぃっっ!!!!!」って出てたんだよ。

ウンコポンプでも見てるのかと思っちゃった。

となりのトトロで、メイとサツキがポンプで水だぱだぱ出すシーンあるじゃないですか。あれを彷彿とさせたよ。

っていう話です。

今日もすいませんでした。

タイトルからは、バター犬を思い出してね。

では。