他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

穴の空いた小麦が浮いている白海

料理に肉でも入れよっかな、と思った時に、調理段階では「これだとちょっと少なくない?」と少し手心を加えて加量してみると、いざ食べてみる段階になって「あれ、やっぱ多いわ、食べられない事もないけど」となる事が多い。阿呆なのかもしれない。今日はフライパンにぶち込む前に少しだけ思い留まり、「いや、豚バラは見た目以上に脂の破壊力に侮れないものがあるから、フルレングス3枚でやめておいてみよう」と考えた。結果としてその量でちょうど良く、なんならそれでも少し多かったかもね、程度なものだった。考え無しにフルレングスと言ったが、full lengthで「食肉パックに入っている、精肉界隈でも類を見ない長いやつ」の事をフルレングスと言った。カットされていない豚バラ以外であれくらいの長さを誇るのは、豚ロースだかのブロックくらいだったと思う。でっかい舌みたいで面白い。美味しいかどうかは知らない。豚バラは脂補正があるから美味しいような気がする。あれがあるからこれはいいもんだ、みたいな、決めつけの方程式が頭の中にいっぱいある気がする。多分外れてもないのだろうが的を射ているものは、射的の程度が高いものはそんなに多くなさそうな気もする。方程式と言うほど高級なものでもないか。経験則、気のせい程度なもの、かもしれない。めちゃくちゃに美味しいグラタンって食べた事ないから、一回くらいグラタン食べて焼きたてじゃぱんみたいなリアクション取ってみたいな。めちゃくちゃ美味しいグラタン……? 字面からでもさっぱりイメージが湧いてこない。そもそもマカロニから違うのか。そんな高等なグラタンを作るような人は、マカロニとか言わないのか。べしゃ? ベシャメルソース的なあれ? も多分私の知っている世界とは違うところから、次元転送装置とかを使って持ってこられるのに違いない。でも、すっごく美味しいグラタンって、ウリになるのだろうか。世の中には、グラタン専門店とかあるのだろうか(いっぱいあった)。日常生活の中で、「うおお俺はグラタンが、グラタンだけが猛烈に食べたいんじゃ〜〜〜!」という瞬間はあるだろうか。このニッチな需要を受け入れてくれて、なおかつ上手い立地を選べたなら、まあまあの命脈を保って生き長らえていく事はできるだろう。あれだな〜。そういう石の裏っちょのダンゴムシみたいな感じいいな〜。「ラーメン食いに行くか!」は口にするだろうけど、「グラタン食いに行くか!」は言わないだろうしな〜。グラタン屋になりてえな〜。