他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

墓穴を掘る時にお前の方は墓穴を覗いていないのか

ネカフェの看板に、「三種類のソフトクリームが充実!」みたいな惹句が書いてあって、確か岡山県錦帯橋に百種類以上に及ぶイロモノフレーバーを取り揃えたソフトクリーム屋があるのだが(にんにく味だけは注文しないように、絶対。約束だ)、さすがにその店の足元に遥か及ばないにしてもまあ三種類なら頑張った方じゃないかと思ってではそのトリプルブッキング、内実を見せてもらおうじゃないかと観察してみると、「バニラ」「チョコ」「ミックス(バニラ&チョコ)」であり、いや、それは二種類なんじゃないかと思った。2つや3つ同時に舐めると味が変わるファニーな飴玉がいくつか市場に出回っているが、しかしそれとも違うような気がする。あれは味が「変わる」のであって、基本の味数種類しか数値として記載していない。一応、それらの組み合わせを求めた何桁かの数字が載ってはいるが、いちごメロンぶどうオレンジなど、独立独歩のものだけを立てている。翻ってこの看板はと言えば、なんとも厚かましい事に、基数とそれから派生しうる数を合算して嵩増しの上サバを読んでいる。どう受け止めればいいのか、どんな反応をすればいいのか、分からずに味の変わらない疑問ガムを噛む事となった。天候が情緒不安定だ。晴れているから洗濯物を外に出したら、2時間しないうちに降り出し、また晴れ間が覗いたかと思えばしとどに降りつのったりして、情緒が、情緒がもう、と言いながら歩いていた。一日に2度も折り畳み傘を折り畳むなど、行動値の無駄である。安心して行楽できるように落ち着けー、落ち着けーと思いはするものの、天災はどうしようもないがゆえの天災なので、てるてる坊主のひとつやふたつを作る事くらいでしか気休めができない。電車内の吊り広告で、「セルフコンシャスな人は……」という文言を発見し、頭が痛くなった。少し前に、「コンフォートゾーンから抜け出すために……」みたいなヘッドラインも読んでいた。戦時中の横文字統制ではないのだから、セーフ=よし、アウト=だめ、みたいなつまづきかけの訳語を強制するわけではないし、ゼルダの伝説のトワイライトソードを漢字でかっこよく書きたいわけでもないのだけれど、ライティングにはほとほと腹に据えかねる諸々があって、いくら摂取に励むと言っても、そこには咀嚼と運動が必要なのではないかと思うのだ。噛まずに飲み込んだものから栄養をフルに摂取するのは難しく、食ったものそのままを皿に乗せてさあ食えと言われても、じゃあお前の料理なんか必要なくて、じゃあお前なんかいらないじゃないかという事になる。血でも肉でもなく、それは涎で胃液で腸液なのであって、極レアの肉を食べ続けていたらいつか必ず腹を壊すと思うのだが。