他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

2000円もらうので5000円ください

明太子を2本くらいご飯に乗せて食べると、自分がたちまちお金持ちになったかのような錯覚を覚えられる感覚の持ち主なので、スーパーで6、7本入り300円台半ばとかだと買って帰って、朝ご飯にぽいと乗せる事にしている。さすがに金の延べ棒だとは言わないが、銅の延べ棒くらいには思っているので、俺はこんな贅沢な事をしていていいのだろうか……という不安に襲われる事になる。昔は一本くらいがちょろりと乗っていただけだったので、皮を破って中身を展開し、懸命に明太子の味を長時間に渡って得ようとしたものである。皮は最後に食べる。なぜなら、食感が中の粒と違うし、なんとなく皮が一番いい部位のような気がするからだ。それほど美味しいかと言われると、別に特段そこまで美味しくはないのだが、日常から欠落しているテイストではあるわけで、非日常を味わえるという意味では、たまに明太子を食べる意義はあるだろう。諸事情により、色々あって二転三転くらいした末に、必要になるのではないかと思われる事態に巻き込まれる運びに運ばれる予定ができたので、ちゃんとした専門店に足を運んでタピオカの入ったドリンクを飲んだ。店の名前しか知らなかったので、知っていそうな人に話を聞いて、HPを読み込んで、おすすめのメニューを聞いてから足を運ぶ慎重極まりないアクションをかました。こちらから足を踏み出さなければ、発生するイベントも発生しないという当たり前の事実に最近開眼したので、できるだけ一回で針に糸を通して、意気阻喪しないようにとの気配りである。ハート・オブ・グラスなので。すげえ並んでるよと教えられたので、そうかすげえ並んでるのかと思ってGong chaのテナントに行くと、確かにすげえ並んでいた。待機列が3回折り返していた。すげえ並んでるな。年頃の女子が大半と圧倒的多数を閉めていたが、年齢層問わず男性もいる。知らなかった。私のように、社会勉強に踏み出す生まれたての仔鹿EXPではなく、常習的に飲みつけている気配が濃厚に窺われた。結局30分くらい並んだが、仔細割愛し核だけ残すと、すげえうまかった。そりゃあ500円以上するよ。カネは嘘をつかない。ウーロンミルクティー(タピオカ入)を飲みながら、うめえうめえと心の中で呟いていた。氷が溶けると途端に味が薄くなって美味しくないので、勝負は一瞬で決めるべきである。ついでに服も買った。自分の金で、自発的に服を買ったのはもしかして初めてなのでは……? 三分丈袖くらいのパーカーがあり、可愛すぎたので買った。これで一年中パーカーが着られる。