他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

味のないガムに噛まれ続ける

図書館で借りた本の返却期限がそろそろだなと思ったのが一昨日、返却期限を確認して一日過ぎている事が分かり図書館に返しに行こうとするも目的を忘れて返しそびれてのこのこ帰ってきたのが昨日、全てを反省し返したのが今日。最初は真面目に読んでいたはずだったのだが、いつのまにかすっかり飽きてしまい、半分を過ぎたところでどうでもよくなって放置していたら失態を犯した。あほう。真面目に読んでいたとは言っても、つまんねえなと思いながら意識を画分し気づかないふりをする事でなんとか読み進めていただけだから、これは真面目ではないな。面白いねえと思うようなものを読まなければダメだが、そも面白いねえと思いうるものに手を出す元気がからっぽの状態が長く続いているから、路肩に目的地を決めないままアイドリングして、後部座席をリクライニングして適当な衣食住を送っているようなものである。身体が痛いし心が枯れてゆくのを否が応でも自覚せざるを得ないのだけれど、得ないのだけれど。眠いし蒸し暑いし、身体が薄く浮かんだ汗の春巻き皮でくるんと巻かれているような感覚で、雨が降り始めて湿気がまとわりつき始めたからだと思われるが、恐ろしく不快だな。部屋の壁という壁に吸湿剤を貼り付けて適度な湿度まで調整したい。そうか。台風が発生したんですね。台風が。晴れが続いていたから、もう梅雨だとかそれに類する気象現象はゴーンオーヴァーかと思っていたが、そうでもないらしい。気象庁が梅雨明けを宣言、だとかいうニュースを見た覚えもない。早く梅雨が閉じてくれればいいのに。そうすれば、どこでちゃんとした傘を買えばいいのかという疑問が頭の中をぐるぐるする事もなくなるから。時間をとって、初期化の憂き目を見てハードディスクから吹っ飛んだウィルスバスターやMicrosoftオフィスを入れ直した。パソコン関連の書類をまとめたような記憶があるビックカメラの茶色い小封筒にふたつともシリアルコードが収まっていて、過去の自分を讃えたくなった。邪魔だからウィルスバスターのパッケージは捨てたのだろうか。WordやExcelが帰ってきたところで、別にそういえばあまり使わなかったのだが、ないよりはあった方がいいし、何のためにライセンスを買ったのか分からなくなる。InDesignを使っている最中に突然起動しなくなり、サブスクリプションが切れた事を知った。新しいライセンスを買ってきて、適当に認証したら復活した。再ダウンロードが必要じゃなくてよかった。半端に冷凍されたうどんを食べるとまずい。