他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

浸潤と不可逆行

人の形を保つフェーズと、人の形を保てないフェーズが入れ替わり立ち替わりするもので、二週間の間ぷりぷりに忙しかったため今日は多少の粘性を持つだけの液体になって部屋でべちょべちょしていた。モンスターだとかの異種族嗜好は今の所ないが、たまにスライムになりたい瞬間は間違いなくある。子供の頃に家の窓ガラスにべっちゃべっちゃ投げつけて糸を引くのを見て喜んでいた安物だったり、洗剤と何かを捏ねて作られた粉末的なあれそれが出てくるスライム的な物体らしきものだったり、あんなのではなく漫画で見られるような、てろてろでゆるゆるのスライムになって、身体のある程度を床に染み込ませて若干取り戻しがつかなくなるような、そんな自堕落と寛解に浸りたい時があるのだ。本屋に行って一冊暇つぶしに買ってこようかなと考えたり、市場に行っていい感じの食材仕入れてこようかなと考えたりしたけれど、眠いから疲れたしベッドで横になりながら処遇をどうするか思案を巡らせようとしてlie downしていたら3、4時間くらい意識が緊張した麻痺の中にぶっ飛んでいて、もういい時間になっちゃったウケる、と一人で部屋の中に差し込む遅い午後の光にウケた。疲れたと自分で分かる時はある程度行動を起こして動き回れるものだが、自分で思っているよりも疲れている時は、意識が身体についていかずコンセントを引き抜いたようにぶっつり切れる。待って、まだアプリケーション触ってるやんけ、と言うこちらには耳も傾けず、強制的にシャットダウンのボタンをものすごい秒速で連打される。あっという間もなくパタリ、ピンピンコロリである。たまにはそのような、一日の夭折があっても構わないかもしれない。染み付いた生活リズムなのか、ずいぶん早めに寝る事はほぼほぼなく、日が変わるまでは起きている。早起きはできなくはないが、早寝はできない。なぜだ。昨日は昨日で日記を書くのをすっぽかしたが、それ何故と言うに、11時から買い物に出て、昼を大幅に超過して帰ってから一時間弱ほんのり休んだ後は、休む間も無くひたすらぶっ続けで遅い昼飯を食べたり、肉肉肉肉肉の肉まみれな晩飯の準備をしたりそれを長い時間かけてゆっくりたくさん食べたりして結局日が変わるほんの少しまで食って片付けてをしていたからである。いっぱい肉を食べながら、私はただただ「うめえ……うめえ……」「ハッピー……ハッピー……」と呟いていた。身体は食ったもんでできている。