他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

大きな小麦と小さな大麦の中で

日記なので好きな事を書きます。

ピザを食べました。サンドウィッチマンの『ピザ屋』ネタを観た時からずっと食べたくはあったのですが、普段不健康な食事をしないのでなかなかピザへ手を伸ばすのは難しいのです。

難しいのですよ。お菓子を買うのも、結構意識しないとできないし。

スーパーに行ったらチルドピザが1枚300円弱だったので、ペパロニとモッツァレラを買ってきました。未だにペパロニって何なのか分かってないんだけど、なんなの? サラミを薄切りにしたやつが乗ってるだけなの? っていうかサラミってなんなの? ウィンナーやソーセージとどう違うの? トムとジェリーに出てくるあんな感じだと認識して間違いはないの?

という疑問をよそに、今日はペパロニを食べました。おやつに。

おやつに!

おやつにピザ!

ちょっとワルな事をした気分になっているあたりから、私の普段の生活の様子をご想像ください。

食べた。

感想。

ピザの味がした。

頭が悪すぎるので、もう少し言います。

生地、トマトソース、何かしらのチーズ、肉っぽい薄い何かの切れ端。これらの味がしました。これって要するにピザの味ですよね? 違うの?

チェーン店で言うところのMサイズくらいの半分を頂きましたが、ものの2、3分で食べ終わりましたね。ピザってそういうもんじゃろ。私はピザを大量に食すことに関しては、とある事情から異常な訓練を受けているため、「あらこんなもんか」と拍子抜けした。生地がかなり薄かったこともあるのかもしれないけど。

ああ、口の中にピザの味が広がっていく。噛まなくても飲み込める。

ああ、ピザの味だ。噛むより喉で味わう、ピザの味だ。

そう独り言ちているといつの間にかなくなっていた。

一緒にコーラを飲んでいれば、ガンギマリしていただろう。

あの一体何から染み出しているのか分からない油でつるつると食道を落ちて行き、満腹感を覚えるよりも先に次の切れへと手を伸ばす。

これぞピザであった。

切れとか書いたけど、面倒だったから一枚を半分にカットした以外は刃を入れてないから。2分の1枚、半円形をそのまま食べてたから。

チルドと侮るなかれ、冷めた店のピザよりもオーブンで温め立てのチルドの方が遥かに美味しいものだ。

特に理由はないが、Lサイズのピザ3枚を黙々と一人で食べたい。うち1枚は絶対マヨプルコギにしよう。

やらないけど。

 

買い出しついでに、久しぶりにシャンプーを買ってきたのだが、よく見たら女性用だった。まあ、男がLUXを使ってはならんという方があるわけでもないし。LUXじゃないけど。

いい匂いになるぞ~。

あと、でっかいヌテッラ瓶も買ってきました。750gとかいうでかいやつ。

ヌテッラはすごいから。あれは、合法ドラッグだよ。めちゃくちゃ美味いもん。

読者よ、今すぐスーパーに走ってヌテッラを買ってくるのだ。ついでに食パンも。

塗れ!

食え!

さすれば、もう他の方法でパンを食べることはできなくなるだろう。

ヌテッラは美味い。高いけど、そんなんどうでもよくなるくらい美味い。

上品に甘い。バレンタインには、チョコよりヌテッラをあげるべきだと思う。

国内のチョコレートメーカーを軒並み倒産させるくらい美味い。

サンドイッチは食えるわ。

では。