他愛がない

日記が置いてあります。タイトルと中身はあまり関係ありません。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

カーテン黒衣

自分の適正睡眠時間は、9時間とか10時間とか、それくらい長いのではないかと思え始めてきた。一応、世の中には、ショートスリーパーロングスリーパーの区別があるらしい(医学的にそう言われるような区分なのかは分からない)。睡眠時間を確保する方策につ…

犬のガニマタ

夜飯を食っていたら、突然母から電話がかかってきて、思い当たる節があったので、もしやおいおいおいと思って店を飛び出し、万が一の場合に備えて家に帰りながら話を聞くと、全然全くシリアスな話ではなく、店を飛び出す必要はなかった。まだちょっと残って…

潮騒、海鳴り

やっぱり、流し下から不自然な音が続くので、なんかまあそういう事なのだろう。共生だ。慈愛だ。譲り合いの精神だ。私が普段、そこを動的エリアとして利用していないので、自由にするがよかろう。産めや増やせやされると、ちょっと困るが、最悪、目に見える…

えっちだね……

何かしらに、些細でもすけべを見出して、えっちなコンテンツとして出力するのは、現代の、というか、インターネットのある部分における病理だと、ずっと思っている。全く否定するわけではないが、やっぱりちょっと否定的に見ているところはあって、でもやっ…

ボトルド・ノアズ・アーク

今日は、少し早めに目が覚めた。昨日の夕方、疲れから2時間くらい仮眠を取ったのが響くかと思ったが、そうでもなかった。でも、意識が認知できるレベルまで浮上して来た後、しばらくぼーっとしていた。そろそろゴミ箱がいっぱいだ。静かになったかと思った…

雑木林森

9月頃から、左の鼻の穴に、しばしば長い鼻毛が見つかる。目で見ているわけではなく、何かがさわさわするような感覚があって、鼻くそでもひらついているのかと思うのだが、指先でつまんでえいやとひっぺがそうとしてみると、その行為はたちまち引っこ抜くに…

ぶちゃぶちゃのつぶつぶ

寝つきが悪かった。悪かったので、頭の中で、あるいは声に出しながら、あれこれ考えていて、色んな事を思い出して、飲み込むしかなくて、ふへっ、と変な笑い声で思考を断ち切ろうとしていた。それでも、だんだん蓄積してくる尿意に混じって、雑念がまとわり…

製本テープのギプス

食料の買い出しに行って、そのついでに本も何冊か買ってこようと思っていたのだが、一日中、あますところなく途切れるところなく雨、雨、雨である。ぽたぽたびしゃびしゃ、いつまでも環境音が上下している。あと、寒い。長袖シャツ一枚と、上にパーカーを着…

なんとなく日は暮れて

すげえ眠い。なぜだろう。日によっては、10時間くらい寝ているのだが。それも、まだ眠いがこれ以上寝ても得るものが何もない、という消極的理由によるものであって、ぴんぴんしてるから起きて生産的活動頑張るぞ! というものでは毛頭ない。これほどやるせな…

水の味がする水

昨日は23時に布団へついたのだが、それはもうすごく眠れなくて、結局、2時くらいまで起きていたというか寝られなかったのではないだろうか。時計を見ると、余計に逸ってしまいそうで、見ないままゴロゴロしていた。相変わらず、ここ一週間の日記を読み返す…

耳で感じて

流し下の、Gを捕獲したと思われるホイホイを捨てた。頭の中に、具体的なイメージはあるのだが、イメージと現実の答え合わせをしたくなくて、つまんだ後は、目を瞑って、濃い色のビニル袋に入れて捨てた。さて、これで安心と思ったら、何かがところどころにぶ…

見えないものが見えている

タグをつけろじゃね〜〜〜。うるせ〜〜〜。物事を括るな。分かった気がするだけだ。実際に分かったかどうかはともかく。手触りをもって、肉を腑分けしなければいけない。肉を食べに行った時の、部位とか産地とか重さとかが書いてある紙とか札とか、ああいう…

頚動脈がうるさい

流しの下に、ゴキブリホイホイを設置した。Gがカサコソする音を毎晩聞くのは、しんどいものだ。夜22時くらいに、カタカタという音が続いて、あ、これは、Gがホイホイされた音だなと分かった。これで後顧の憂いなく、夜はすやすや安眠できると思った。思って…

油分のない指紋

突然寒い。急に寒い。先週の日曜日? あたりから兆候はあったのだが、それにしてもなんだか寒くて不思議である。秋の中途半端で過ごしやすい天気が、からくり部屋みたいに、どこまでもどこまでも、扉を開け続けても結局同じところに出てしまうみたいに続くも…

トトロの見えるメイと酒精の見えない

昨日、23時くらいに寝たら、睡眠がすこぶる捗った。その割には、起きる時間はいつもと変わらず、もりもり睡眠を貪ったわけだから、身体が睡眠に関して、正常な寄る辺を失ってしまっている気がしてならない。いや、実際、12時間くらいだったら平気で毎日寝そ…

溶けるまで鉛筆をなめる

すっごい眠い。起きた時から、ずっと意識の裏側に張り付いているような眠さがある。寝つきが悪いのは、最近、ほどほどに緩和されてきたけれど、寝起きがまるで泥のようである。どぷどぷ、たぷたぷ、重く引きずる塊の中から、たまたま浮き上がってきたかのよ…

自己変容

現実認識に関して、頭の中のある深度でぶちあたる壁の感触に、さっき気が付いた。今日は、書くべき事がないし、書こうと思っていた事もないような気がするし、仕方がねえからこれ書くか、と思っていた事もないような気がする。天気はいまいちだった。多少マ…

縦横無人

今日も、すごい調子が悪かった。昨日も調子悪かったんだっけ? 覚えてないわ。それくらい、脳味噌の稼働が悪かった。普段を10000円くらいのママチャリだとしたら、今日は、成人してから見る、子供の頃乗っていた埃まみれに黒ずんだ三輪車くらい。三輪車って…

コッポラ

天気が微妙だったので、洗濯物を干すかどうか迷った。曇っていて、パッとしなくて、空気が凪のようで、のっそりしていた。最悪、途中から部屋干しになるかもしれないと思って、すすぎは念のため2回しておいた。というか、こんな半端な天気だったら、乾くも…

寡黙と破裂

本日は、お世話になりました人の勇退パーティーに列席いたしまして、体力があまり残っておりませんので、その事実のみを記して終わりとさせていただきたく存じます。持って行ったクラッカーは、機会を逸して鳴らしませんでした。

バス停は一日3ミリずつずらせば気付かない

雨が降っていた。ずっと雨が。洗濯物は部屋干しだ。今回回したやつは、部屋干しのお役立ち情報、すすぎを2回やると臭いが出ない、をすっかり忘れて、空気乾燥(機能としてついているが、ドラム缶がぐるぐるしているだけで、本当に乾燥しているのか疑問に思…

紙取り油

ずっと雨が降ってました。ずっとですよ。頭の中にも雨雲がずるずると立ち込めていて、先行き不安で見通しの悪い事この上ありません。どっかでずっと、とんとんとんとん、しずくが垂れ続けていてその音も許せない。これを自然のメトロノームにして、音楽の練…

回転木馬とターミネーター

さっき、まぜそばを食いながら、足コキについて深く考えた事がないなと気が付いた。普段から何を考えているのかさっぱり分からない頭だが、それにしても突拍子がない事を思いつくものだ。もっと、他に生産的な事柄があるだろう。いや、あるのだろうか。全て…

スイング・バイ・ガーター

一日、ぐあーってなっていた。ぐでたまを頭の中で灰色に塗り替えてみてほしい。今日はその状態だった。午前中は、ほぼ全部ダウンしていた。午後も、なんとかのたのた動いたが、だいぶパフォーマンスは落ちていたと思う。天気が悪かったからと、言ってしまっ…

適廃

覚えてたので、日曜日の出来事を書きます。用事があって、JR山手線渋谷駅で降りた。理由は分からないが、あそこの構内構造はなんだか気持ち悪い。そこで降りると、いつもトイレに行く。理由はよく分からないが、トイレに行きたくなる。ぼっこり凹んだところ…

プリン危機一髪

半日くらい、買い物に駆けずり回っていてすごい疲れた。家に帰ってから、一時間くらい、魂のない獣になっていた。人へのお土産だったり、自分の冬服とか食料とか。東京駅は、本当に分かりにくい構造をしてやがると思った。入構料140円、絶対に払わなくてよか…

乾布ビンタ

昨日の夢の中で、もうひとつ、何か重大な経験をしたような気がするが、忘れた。昼に思い出したのだが、さっき仮眠したら忘れてしまった。なんだっけ……。人格の核に迫る、かなりクルーシャルなものだったと思うのだが、うーん、なんだっけ。思い出すかなあ。…

電子レンジの中はお立ち台

「潰しに行きますっていうのは社長になるっていうこと??」 この前、道を歩いていて、横を通り過ぎたサラリーマンが電話口にこう言っていた。どこにも句読点がなく、ただ一続きに、こう言っていた。耳で捉えた時に、ギョッとした。こういう、呑み屋でしか聞…

モヨコ

おふとんあったかい! きもちいい! でも寝付きは悪かった。タオルケットと掛け布団のちょうど中間くらいが欲しい。それはちょっと厚手のタオルケットなんじゃないかって? そうかもしれんな……。起きてから、ちょっとぼーっとしていて、廊下に出てから雷電の…

バーニングめだか蠕動

掛け布団にシーツをかけて、掛け布団を掛けて寝た。あったかくて気持ちよかったが、起き出すのが難しかった。寝る時は、ちょっとあちいな……やっぱ早計だったか……と思ったものだが、朝方はすっかり冷えるようになってしまったので、いや、そんな早くの朝方に…