他愛がない

日記が置いてあります。タイトルと中身はあまり関係ありません。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

MSGK

MSGKというアルファベットが印刷されたTシャツを来ている人がいた。ブロック体ではなく、ちょっとデザインがかった字形で、MSGKだった。普通の、30前後の成人男性だと観察した。で。MSGKという四文字を見た瞬間、私は「メスガキ⁉️」と思った。ここで読む目を…

星型に切った大根

性に関する本を読んでいるが、それとは関係なく、ちょっと前に、「見抜きには存在フェチが含まれるのではないか」と思った。私の中には、理由がよく分からないのだが、見抜きについて並々ならぬ感情があり、たまに見抜きという文字について考えていて、ぽろ…

銭湯インビジブル

夏の予定が決まりそうである。というか、だんだん滲み出してきた。私個人のでは全くなくて、しかしまあどうせどこに居ても何もしないのだから、第三者が私の人生に予定を突っ込んでくれるだけありがたいのかもしれぬ。洗濯物を干した。よく晴れていたから、…

ケーキとプリンを買った

頭が痛いので大して書かない。ケーキとプリンを買って帰った。そこまで美味くはなかったが、ケーキとプリンを食べたというその事実で充足される心の部分があったのは確かだった。プリンの脇に乗ったメロンを食べた瞬間、「あ!!! メロンだ!!!」と思って…

ごはんに乗せて、切り開くまでがオムライス

そろそろ流しを掃除しなければならないのだが、細菌というのは勤勉だ。ちょっと掃除しないとすぐにょきにょき姿を見せるし、赤とか黒とか緑とか茶の色があるし、少しでも水が飛ぶとすぐさまそこに居着くし、逞しい。常に開拓民スピリットを持っている。現代…

時に焼けた背中

晩飯に、生姜ときのこを入れるのを忘れていた。きのこは、特に、入れるのが最後の方なのでよく忘れる。生姜は、冷蔵庫の扉に付いているトレーみたいな部分に移動させて、そのまま忘れていた。冷蔵庫を開けると、自然そのまま視界からフェードアウトしてしま…

ポンド・ヤード法

昨日の夜、なすびを食べた。数日前(いつか忘れた)、母と電話をした時、もっと緑色のもの食べなダメよ、と言われたので、スーパーへ買い物に行った時、なるほど、なんかそういう感じの色のやつ、あんまり買わないな、と思って、買ったのがなすびだった。緑……

パンノニア平原

ベリアルマルチが、出だしからちょっと怪しかったけど、実装された。フリクエの方は、かなりきつかったが、ゴリ押しでクリアした。風は、どうだろう、あんまり相性が(今の所)良くない感じがある。シエテが超越で奥義効果に自身のアビCTを1ターン短縮とか…

受領書の受領書の受領書の……

ぎらぎらしていた。まだ剥き出しではないけれど、太陽が元気だった。夕方くらいから、雷が鳴り始めて、夜には雨の幕が降りてしまったにしても、暑かったには暑かった。帰るのが遅くなっていたら、洗濯物がぬれせんべいになっていたところである。自分の身体…

女の気配

陸橋の高架、高架と言うにはいささか天井が低過ぎるが、トンネルとして空いた穴っぽこが横断通路になっていて、そこの状況が印象深い。ほぼ毎日、エロチラシが増えている。私が観察したのは最初の1〜3枚の段階で、「おっ、ピンクチラシがある。これを蒐集…

季節を冠する王

午前中からむしむししていて、やれんなと思った。日向を歩いていて、存在自体が干上がるような、げんなりする感じがないだけ、まだマシなのかもしれない。春キャベツは、甘いがちっこくて、同じ値段なのに損した気分になる、という話を聞いていたけど、今日…

デュラハンにキスを迫られたら

6章(前半)を読み終わった。おもしれ〜〜〜。メインクエスト進めるの久しぶりだったから、こんな長かったっけ? って思ったけど、読み進めるのがもったいね〜〜〜。おもしれ〜〜〜。これで3割? つまり今回の二倍以上、7月に読めるって事? うれし〜〜〜…

もりもりしたあじさい

窓の外の紫陽花が、しばらく見ない間に隆盛繁茂し、窓枠に伸びてきていた。FGOの6章が実装されたので今日は休んでシナリオ読みます。

襟元正しいバーレスク

暑い。暑いという字は、何も考えずに分解すると、「日」と「者」になる。者をもっとばらして、「土」「ノ」「日」になる。2つの日で、土とノを挟んでいるわけである。暑さで頭の中が蒸発した状態でこんな事を考えているので、先の事なんかちっとも考えてい…

無形

野村萬斎『狂言サイボーグ』を読んだ。本屋で見た時から、タイトルが最高だなと思っていたが、中身も面白かった。表紙もよい。本文中に、内容と関連する野村萬斎自身の、写真というよりはポートレートがカラーなりグレースケールで挟まっていて、そこも新鮮…

本屋のハタキ

野坂昭如『エロ事師たち』を読み終わった。昨日くらいに。人生の今まで、今の今まで、これを読んでいなかった事を痛く後悔した。どれぐらい痛いかと言うと、漫画でオーバーに表現される処女喪失においての破瓜の痛みくらい。この小説の中にあるもの全てに、…

魔法にときめかないための心

近所の店に、状況があれなのでアルコール出せません、との旨記載した紙が貼ってあって、それはまあいいのだが、その文言が、「アルコールの提供はご遠慮いただいております」だった。私はここに、知性の欠如を見た。これが言い過ぎなのであれば、反省の欠如…

両者合意の上での追剥

昨晩深夜、Qooのりんご味を飲みながら、なんとか本を粗方押入れの中に整理する事ができた。Qooのりんご味というところがポイントでも何でもないのだが、オレンジ味ではなかった。りんご味だ。ダンボールをいくつも畳み、ビニール袋をいくつとなく捨て、本を…

乗り切れずに落ちる

頭が重かったので、昼前から14時くらいまで横になっていた。寝られればちょっと楽だったのだが、眠りに落ちるほどではなかった。朝飯にグラノーラを食べているとはいえ、あれっきりの繊維では大して変わらず、やはり、あのファイバーの塊みたいな玄米を食べ…

窓に石

見て見ぬ振りを続けていたが、さすがに机周りの本とか本とか紙束とかが看過できない物量になってきた。あっちを探すためにこっちへ移動し、こっちを探すためにあっちへ移動し、くるくる回して誤魔化してきたが、根本的な物質総体は何も変わっていないのだか…

ブルーフィルム

明日は一日雨が降っているらしい。教えてくれた人がそう言っていた。こういう書き方をすると、教えてくれた人なのだからそれはそうだろうと思ったが、言っていた以外の選択肢として手紙に書いてあった私の身体にそう刺青を残した五色米でそのようなメッセー…

行き遭い

朝から『空の境界』を読んでいて、読み終わったら一日が終わっていた。感想をもちゃもちゃしていたいので今日は何も書かないが、本当にすごいストーリーテラーである。

片手間がいっぱい

晴れていた。一日晴れていたと思う。夕方くらいに意識がダウンしたので、そこでちょっと曇ったりもしたかもしれないが、よく晴れていた。風通しが少しでも悪いと、暑いなと思うようになったので、日本の夏のよくないところが着々と近付いてきているのが分か…

ぎしぎし軋む布団

道を歩きながら、斜め上の方とか、上の方とか、ぽ〜っとあらぬ方を見ながら、どうでもいい事ばかり考えていた。頭を空っぽにすると、というか現象の記述的には頭が空っぽになると、それだけで他にどう言いようもない、完結した命題が浮かんでくる。本屋に寄…

存在を抜いたコーラ

天気予報を見ると、曇りのち雨だったので、洗濯物を室内に干した。家を出ると、天気予報を疑ぐるくらいの晴れだった。ここから曇りになる事はあっても、雨になる事はよっぽどでなければなかろうと思われた。若干後悔し、後悔し続け、夕方になっても、一瞬空…

金の握らせ方

時間をおいて考えると、井上ひさし『モッキンポット師の後始末』は、とてもいい本だった。読んだらたちまち、その筋を9割くらい忘れる私が、まだだいたいを覚えている。これはすごい事なのではないか。また、これに関しては、丸まま引き写したくなるような…

ポテトサラダがうたってる

豚バラ肉が食いたいなと思って豚バラ肉を買い、豚バラ肉を食って豚バラ肉うまいなとは思ったが、脂:肉が3:7を超えるとしんどいので、豚バラを買わない方がいいのではないかという気がする。しかし、ロースは、なんか、ピンとこないところもあるのである。ど…

チキンステーキ

雨が降っていた。それはもう。傘を差しても、その防護範囲からちょっとでも外れると、大粒の水が冷たかった。シーツを干したいという欲が出てきたのだが、洗濯物がさほど溜まっていない状態でないとできないので、次の洗濯以降でなければ不可能になってしま…

not abated

自分が行くなら、天国と地獄どっちだろうかと考えて、普段考えているような事が参照されるなら間違いなく地獄だろうが、頭の中を見られるのなら、よほどの聖人でもない限りはみんながみんな地獄行きになるんじゃないかなと思えて、では天国かと言うと、天国…

乾パン色のくるみ

夜になったというのに、暑気がむちむちとしてまとわりついてくる。クーラーまではいかないが、扇風機くらいならあってもよい。今週の予報をどこかでちらちら聞いた気がするが、今日はうんざりするほどの晴れだった。今日でうんざりしていたら、7月あたりに…