他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi

キルドヤにコミットしたレポート4 図鑑を精査する編

三日前、一昨日、昨日の話の続き。

経緯についてはこれ↓

mezounagi.hatenablog.com

 

ティザーサイト↓

意識高い系ワード擬人化RPG「キルドヤ」 - DMM GAMES R18

 

************

 

3日間は書くことがあって楽だったぞ。今日からまた頑張って1000文字書かなきゃいけないぞ。だってあと書くべきことはガチャに一喜一憂(憂ばっかだけど)くらいしかないもの。そんな話はいくらでも転がっているから、わざわざ量産品を量産することもないでしょう。

インターンシップが終わってOJTに移ったとも言えるのかもしれない。

そうだ、まだ言う事あったわ。

『図鑑』っていう、データ媒体のキャラ・アイテム全集があるんですけど。全然耳覚えのないワードを勉強するのにも役に立つんですが(使う場面は来ないと思うし使わない)、キャラ紹介の文面の中に意識高い系ワード以外のパロディが組み込まれている事を発見したのです。

だから何だとか言わないでください。

例えば『エンカレッジ』(英:encourage。正しい発音では頭のeは『イ』と転写されるべき。意識は高いのに英語はできないのかい?)。こやつのキャラ紹介の中には、「ぱんつじゃないから恥ずかしくないもん」と「頑張れ頑張れ♪」の2つが現れる。オンラインエロゲという文脈に登場させるにはふさわしい題材である。散々コスられ倒すには、まず膾炙しなければならないものな。

膾炙させようとして燃える哀しき事象については『SNS』の項にある。こういうベタなところを押さえるのも肝要である。『アクティビティ』も参照のこと。もっとも、私はアクティビティと言われても『世界の果てまでイッテQ』のアクティビティしか思い浮かばない。一昔前のエクストリームスポーツがマイルドな形に落ち着いたということでいいのだろうか。

また、『アンガーコントロール(アンコン)』を見てみると、最後に「キレてないですよ?」と往年の小力が顔を見せ、持っているボロいウサギの縫いぐるみは『クレヨンしんちゃん』のネネちゃんが怒りを覚えた時に殴打しぶん回す例の縫いぐるみを彷彿とさせる。錨を持っているのは「アンカー」と「アンガー」の地口落ちなんだろう(同じく驚異の胸囲についての地口落ちは『ペダンチック』を見よ)。ちなみに胸元の「冷静」の文字のフォントはプリティー桃である。

ロングテール』では密林(或いは尼)をチクリとやっている。周知の事実なので怒られない、はず。Appleを念頭に置いているのが『シンク・シンプル』である。簡素な流し台でないのは誰でも分かるけれど、敢えて入れることで面白い。面白いのだ。

ジャッジメント』の「ジャッジメントとは」との定義でジャッジメント自身に語らせているのは、キャラの性格を反映したメタギャグだろう。これに似たボケは『リスペクト』の語義説明にも見られる。只今流行りのラップ文脈も入っているが、筆者的にもリスペクトは意識高い系よりラッパーのイメージがある。同様に、(一部人種が)デザイン面でつい突っ込みたくなるポイントを予めリスクヘッジしてあるのが『ヒアリング』の項だ。イラストを描く時にヘッドホンは画面に物量が出るから便利、と聞いた(heard)ことがある。

コンシェルジュ』の説明を読んでいると、ラーメンズ『CLASSIC』の「1313」「ダメ人間」を思い出す。類型化がいいことかどうかは分からないけれど。

マッチポンプ』が一番すごいかもしれない。「男性的特徴も体に有する」らしい。両性具有、ざっくり言えばふたなりらしい。確かによぉーく見るとスカートの「それ」に当たる部分がもっこりしている(ように見える)。ふたなりマッチポンプ。深くは言うまい。

全部ひっくり返すのとキリがないのでこれくらいにするが、キャラ説明として総合的に一番よくまとまっているのが『レイヤー』だろう。

 

ゲーム本体だけではなくて、人目に殆ど触れない可能性が高い枝葉末節にまで力を入れる制作陣には頭が下がる。よく隅から隅までパロディを浸透させられるものだ。脱帽する。マジリスペクトっす。

 

(最後に、これは結構深刻だと思うが、『バッファ』のキャライベント「締め切り前の女神様」に付けられた文字縁がラウンド処理等されずデフォルトのまま放置されてしまっているため、恐ろしくバリがはみ出している。商業ゲームでこれはちょっとヤバいので、早々に改善が望まれる)