他愛がない

めぞうなぎと申します。文字の話です。日記が置いてあります。短編小説も書いてます(https://kakuyomu.jp/users/mezounagi/works)。 twitter:@mezounagi mail:mezounagi★outlook.jp(★→@)

贈答用遺書

朝がキツイね。全身の体毛という体毛が全部アロンアルファでベニヤ版に貼り付けられたのをぶちぶち引き千切りながら脱出しようとするくらいキツイね。そんな状況になった事ないけど。多分痛いしほどほどに後引く思い出だよね、そんな事あったら。文字通り後ろ髪ぶちぶちに引かれますわ。いつ雨が降ったか分かんないけど、起きたら洗濯物が濡れていた。どこかのタイミングでやられた。覚えてない。バスタオルが一枚滑落して防犯砂利の上で打たれるままになっていたので、明日くらいに覚えていれば救出しなければいけない。他は、それほど強い雨ではなかったのか、屋根の射程圏内にいたやつらは無事だった。一点だけぽたぽたぽたぽたぁーっと北斗の拳も真っ青に降滴連打ゾーンがあるので、そこのシャツだけは死んだ。そこだけ屋根歪んでんじゃねえのかな。そういえば昨日の夜はケンタッキー食べたんだよね。気まぐれで買いに行ったら、オリジナルチキン3クリスピー3のパックが千円で、時宜折良いねと思った。店内でお召し上がりですかと聞かれて、「はい、持ち帰りです」と答えた瞬間にはいじゃねえなと思った。メニュー頼んでからそこを聞くと思ってたから、完全に油断した。でもあれか、店内で喰われると税率変わるし、そこの操作をキャッシャーで一番最初にせなならんのだろうね。違ったらただ恥ずかしい。冷めないようにカバンに入れた。一緒に入れた本に匂いが移ってるかもしれない。皿に出そうと一回つまんだだけで指がてらってらにグリーミンするの、俺はケンタッキーを掴んでいるなという実感があって嫌いではない。手が使い物にならなくなるのが玉に瑕だが。チキンは、アバラかギロみたいなパーツがあるのと、細長い脚かなんかの部位が好き。アバラの方は、骨周りについてる肉と衣が旨いから。なんでだろうね。脚(?)は肉質が油っぽくなくてコクいから。ただし衣が剥離しまくりなのは減点だね。俺は着エロ派だからね。中間のもさもさしてよく分からんあれは……。可もなく不可もなく、俺は身体に悪いものが食べたくてケンタッキーを食っているのに、その中庸さはなんだと意見書を叩きつけたくなる。もっと尖っていいんだぞ。形もくりっと丸っこいしね、あれ。食ってる最中にもういいなと思いながら一食で6ケンタッキーすると、自傷っぽくて興奮する。胃が職務放棄してのべっとダレているのを感じる。布団に横たわったら、胃から食道を伝ってチキンの香りが昇ってくる。もういいっちゃ。

双頭ディルドの双剣使い

ゴミカスみたいな時間に起きたので全て省略します。人としての程度が、歩いていて気付かないほどの、しかし時速で考えると確実に下り坂なスロープをウォーキンウォーキンしているので、だんだん終末にアプローチ&ラブミーテンダーしているのかもしれません。もっと素直にものを言えばいいのにね、言わないんだよね。かわいくないわ〜。もっとプリティーバチバチウィンク決めるくらいの愛想は欲しかったね。ないので素ウドンで勝負してるわけですが。ウドンも粉やら水やらオツユやらで微妙な味わい出していけるので、その辺の玄妙な感じを目指していきますか。相手のいない求愛行動って、デモプレイだよね。キャラ詳細から、SDムーブの確認するみたいな。何の話? 日が暮れて晩御飯時になってから夜に繰り出した。光が足りなくて人間もモノも、輪郭が圧迫されて存在感が薄くなるから夜の徘徊は好きだが寒くなってきたしそういえば言うほどほっつき歩いてないので説得力ねえな。この前知ったけど、飲料メーカーのサントリーも公式Vtuberを持つようになったんですね。へえ……って感じ。時代への適合が早いよね。それでどの層がどう取り込まれるのか計算してやってんのかな。世のあまねく企業の広報部に行って、どういう事がしたいのかについてヴィジョンがあんのかないのか聞いて回りたいんだよね。あってもなくても害はないけど、分かりますかね、そこにターゲットのない散弾銃による乱射の怖さ。もう、ふーんだよね。色んなやり方があるよね。財布に500円くらいしかない瞬間があったので、これは気を抜いて何かの店に入るとやべえぞと思ってお金を下ろしてきた。いっつも9千円下ろす。たまに2万9千円下ろすけど、それは何か大量の現金が必要になる見込みがある時だけなので、9千円だ。ちょうどいい金額なんよね。千円札が9枚出てくるから、お釣りでめんどくさい事もないし、大量のお金を持ってるとカツアゲされるんじゃないかとビクビクして怖いし。もう3万円で怖い。取られちゃうよ〜って思う。なので9千円です。あとは……。1万円と5千円の威容が苦手なんだな。金色っぽいのと、紫と。強そうなんだよね、色が高貴で。それにひきかえ千円札は、十円玉にへばりつく緑青みたいな色してて、住む世界が違う感とかない。札のサイズも一番ちっちゃいし、インキの色のおかげだと思うけど慎ましくてmodestで、優しい味わい。ブロッコリーみたいな。くだらん事書いたら文字数いっちゃった。あらら。

煮込むの「込」って何?

人は一生カービィだな、と。昨日か一昨日、どこかのタイミングで思った。カービィ。星の。スマブラとかにも出てますね。カービィってスマブラ以外に出張してるのか……? まあ、あのカービィです。ピンクの丸い何とも言えないフォルム造形のあれ。コピーしたりするじゃないですか。ボムとかレーザーとかタイヤとか、敵の能力を。ずっとバーニングと心中してもいけなくはないし、トルネード使うのめっちゃ上手いやついますよね。僕はヘッタクソなのでどっかいっちゃうんですけど、自在に操るやつ。UFOとかあったな。あんな感じで、色んな能力を取捨選択して、鏡の大迷宮の真ん中にあった、コピー能力のオブジェ部屋みたいなところに能力を蓄積して、色んなステージを踏破できるようになったり行き詰まって前の面に戻ったりと。あ、カービィも人生の一面を反映してるんだなと気付いた。ドロッチェ団では腹の中にアイテムやらコピー能力貯めて、いくつかまぜまぜしたらマキシマムトマトとかキメラコピー能力を生み出せたわけですけど、そういうのもなんか全部人生感じてきちゃうなって。大切な事は、色んなものに含まれていると思うけれども、ゲームや漫画もその一部だねってたまに思う。誰に対してとかいうわけじゃなくて、自分の中でね。個人的にだけ納得行った事を放り込んでいる心の中の箱みたいなんがあるんで。そこにそっと入れておきました。今日も寝坊、ないし二度寝した。大した用ではなかったので構わないと言えば構わない。意識が意識せず落ちる。落ちるならね。棚からぼたもちとか落ちてきてくれると嬉しいのだけど。そう思って、台所のめちゃくちゃ高いところにも戸棚がある事を発見した。今まで一切意識した事がなかった。シンクはおばあちゃん用かと思うほど低いのに、なんで戸棚はあんなに高いんだ? 設計思想が分裂していて分からない。後で、暇だなと思ったら見てみるか。金塊のひとつやふたつくらい入ってるかもしれんし。ダメね、身体が疲れてると頭が動かんね。昼ご飯いっぱい食べたから、晩御飯は食べないかヨーグルトくらいでいいわ。一日二食くらいしか口にしなかったら、そりゃあ太らんよね。食事って、相当に行動値を要求するアクションなんだなと。お腹空き過ぎたら動けなくなるから、ポケモン赤青ダンジョンやらのローグライクみたいに、だんだんHPに影響が出るみたいな? ああいうデメリットが顕在化するまで、アクティブになれねえな。ねむ。

豚のパディントン

夏に買ってきたクリーム2倍オレオが棚の中に残っていたので、引きずり出してもしゃもしゃした。二の腕くらいの長さのパッケージに、クリームが2倍挟まった極めて頭の悪い商品であり、喉が焼け付くようなダブルクリームの甘さが血糖値を爆上げして瞬間幸福度は異常に高い。というか、普通にすごい美味しい。オレオというだけで嬉しいのに、オレオの中核であるクリームがもう一回分入っているのだ。嬉しさの追い炊きである。気分アガっちゃいますよね、そんな事されたら。クスリキメるより、ダブルクリームオレオ食べな? と思う。日本では見た事がない。少なし、イギリスでしか見た事がない。日本でもでっかいスーパーとか、海外仕入れしてるところだと手に入るのかもしれない。いつかどこかで見かけたら、買ってみるといい。頭が糖分でギンギンになって、すぐに眠くなるから。ので、今はとても眠い。朝が本当に寒いですね。寒くなればなるほど、お布団が気持ちいいよ。暑い時に冷たいビール流し込んだら最高、みたいなあれは、大体こんな感じなんですかね。そりゃあ気持ちいいね。仕方ないよ。戦争中の二国が和解するには、互いに気持ちのいい、ふかふかのお布団を送り合えばいいと思うよ。心配事で寝られないとか、しんどいし。そこでなら鬱隠抑の強張りがとろけるっていう場所を確保しておくのは大事だと思うし。逃げ場が、逃げて帰ってもいい場所がないと、外に出て行くのはつらいから。なのでお布団です。何の話してたんだ? 寝坊したってだけの話だった。またゴミ捨て損ねた。洗濯物が一日では乾き切らなくなってきた。隣の洗濯物とちょっとでもくっついてると、朝干してもその周囲がまだしっとりして色が濃い。太陽のパワーをもっと感じたい。冬に「おっ、太陽照りつけてるね〜〜〜」と思う事があまりない。反対側の半球では頑張ってるんだろうけれど。お歳暮? 欲しくなる。太陽の恵み、洗濯物乾く3日分すごいぬくぬくパワー詰めた缶詰みたいなやつを。マックでてりやきバーガーを数年ぶりに食べたら、頭の中で偽りの走馬灯がぶあっと流れた。あっ、これ知ってる味だとタレが舌に着地した瞬間に悟った。あ〜、こんな味だったわね〜、大きくなって〜、立派になって〜、おばちゃんみたいな感想を抱いた。大きくも立派にもなっておらず、恐らく食べ初めの時とほとんど同じ味だろうが。たちまち思い出す味をしていた。どうして人は、ポテトをLサイズにランクアップしてしまうのか。前の席でSサイズにランクダウンした人を見ながら考えていた。

刃切れの悪い

ほんとに朝が寒い。クッといい感じのフォーク投げたみたいな気温の変化。布団がすごい気持ちいい。お布団〜と思いながら起きようと頑張ってる。寝る時は首元とか顎に当たって気が散るお布団の天辺も、起き抜けには天国へのリンボだから。絶対そんな高級な布団じゃなくて、ぺろぺろでへにょへにょのペラ布団なんだけど、覚醒前のあの瞬間だけは、この世で類を絶する気持ちいい物体と化す。全ての瞬間であの感触を維持してくれればいいのだけど、それはお金出してから言いますか。寝具店で布団やら毛布やら買う事ってめっきりぽっきり減ったと思うけど、個人でやってるような寝具店ってまだやっていけてるのかしらね。ニトリでシングル寝具ぱーふぇくとセットみたいなの買ってきてから、敷布団掛布団タオルケット枕のベーシック4点で戦ってきてて、足を突き出す事さえしなければ、身体を可愛くキュッとすぼめた状態で真冬でも平気だけど、実家に帰って毛布に挟まれると、やっぱこれには勝てねえなと思いますね。毛布だわ〜って。ぬくいしやわこいしキラーウェポンだなと。やっすい毛布でそこまで思えるなら、高い毛布に包まったら、私なんか死んじゃうかもしれないね。簀巻きで昇天しちゃうかも。いいよねえ毛布。考えたら包まりたくなってきた。毛布持ってねえ。家の近くに個人寝具店があったような、なかったような。毛布ってどこで買うのが、ベストじゃないにしてもベターなのかね。俺はずっと欲しいんだよね、世界万象に関して。「それを買うならココに行けマップ」みたいなやつが。結局未だにスティルイェット一本傘買ってないしね。詳しくないジャンルについては、とりあえずひとつ、ここからならそこそこの景観が保証できますよみたいな第一歩への助けが欲しい。ないから毛布も買わないまま過ぎているのだが。ラーメン屋が台湾まぜそば? 台湾ラーメン? 的なメニューを期間限定で出していて、ずっと気になっていたので食べた。気になって以前調べたところ、台湾ラーメンの発祥は名古屋らしいと知ってものすごく微妙な気持ちになったが、食べ物なので、まあ美味ければなんでもいいかなとは思う。原始的な方の快楽は、直接満たされた方が分かりやすいから。どんぶりが来た瞬間に、なんかでっけートマトの欠片みたいなん入ってんねー、と思ったら、まあ唐辛子の半分だったよね。そりゃあね。台湾そばって辛いもんだし。いけるっしょと食べたら、喉の奥が、こう、ペッティングの時に「ココ好きでしょ?」っつって指をいきなり鉤型に曲げて「ひんっ♡」みたいなのあるけど、まさにそんな感じになった。声にならない悲鳴が喉の奥で潰れて消えた。きつかったね。スープが、あれがからウマってやつなんですかね? 喉にいい感じに引っかかりながら旨かったね。俺の喉、性感帯なんかもしれんな。

聞くも涙語るも涙、書く分にはそうでもない

朝が……。もう。重いね。すげえ重い。豚骨ラーメンに豚の背脂を丼5杯分ぶっかけたくらい重い。意識が錘にくくりつけられたまま、ずーっと浮いてこんのよね。ヘヴィネス。頑張って、どうにかこうにかしようとウナギみたいにうねうね身を捩ろうとして自縛してる。冥府の匂いがしそうな、気がする、掛け布団のシーツでも洗うか。明日は出るの遅いし。今日みたいにね、パーっと晴れてくれるとちょっと嬉しいよね。しっとり乾いたシーツって、正直背筋がぞっとするから。背脂を、どっとね。盛ったような朝よ。眠いとかじゃなくて。何だ。昏かな。意識が泥濘のぬか漬けよ。朝ご飯としては箸が進まないな、と。日光でお茶漬けにしてカーッと掻っ込めるといいのかな。あんまり漬物好きじゃないんだけどな。えへへ。晩御飯で食べた鶏肉を食べて、もうこれは何回思ったか分からないけど、それなりの値段の鶏肉って、どうして噛み締めるとゴミみたいな匂いがするんだろうなって思うの。もうね、うわーって。末期の紙粘土みたいな。あ〜も〜安い鶏肉ったら〜ってなるような、すげえ匂いがする。ブラジル産がいけないのか? ブロイラーが? 何が鶏肉の正解なんだ? 俺の手が届く鶏肉は大体臭いからな……。お金持ちになりたいとは思わないが、まともな鶏肉は食いたい。豚肉牛肉はそこまでスメルに辟易して眉毛八の字フェイスにならないのに、ニワトリ、お前は一体? 通りがかった楽器屋のショーケースに、前は緑のサンバースト5弦ベースがかかってて、緑色すごい好きだしかっけえなとキラキラした瞳を胸中ぐるぐる回しながら心ときめかせてたのだけど、今日見たら紫色の深いサンバーストの新しいのがかかってて、あまりのかっこよさに2秒くらい立ち止まった。あーすげえって。かっけえなって。ピカピカのイカしたお芋パープルやばいなと。喩えがかっこよくない? 紫は芋だよ。あれも妖艶でね。あれが妖艶かと思ったね。緑とは違う濡れ方しますね。電車の電光広告で、「明日が、変わる。」とかいう熟れに熟れ切って投身死体と同じくらいぐちょぐちょになったコピーが見えて、3円くらいの感情しか抱けずにはぁーと重い息を漏らそうかと思ったら、画面上下に細く敷いてある色帯になんか注意書きがあるのよ。そこまで註記するような内容ないじゃろおぉんと思って見たら、明日に*が振ってあって、「*気分のこと。」だって。はぁ〜〜〜? 気分が変わる=明日が変わるなんだなって知らなかったよね。俺の知らない等式ってまだまだいっぱいあるんだなって。明日って本文に書いた意味、なんなの? 分かるんだけど。じゃあ別の考えれば? とか思うじゃん。思わんのか。寒いな。

[11月5日分欠損]

疲れて家に帰ってから寝ていたら完全に忘れていた。左手親指の甲がケロイドみたいに腫れ上がってきた。不思議と痒くはないが痛い。使い終わったラー油の瓶を水に漬けていると、赤い油が浮いてくる。これは全然取れないので邪魔である。よく白い皿に付いて汚染する。変な時間に寝なければよかった。やっと再配達を受け取った。道に、ゲロの入ったビニール袋が落ちていた。完全に、昨夜のものと思われる鮮度のゲロ。誰かが一度踏んだ跡があった。ああいうゲロとか、路上でぶちまけられて、スジっぽい何かを感じ固形物の混じった路肩のゲロとか、誰が処理しているのだろう。雨の日が来るまで、そこで放置されて押し流されるのを待っているのだろうか。路上のガムの痕とか。頭痛え。

damnation

土曜日に疲れて、日曜日は午前中に起き損ねて、今日も前日の轍をギリギリ踏まないくらいだったので、どろどろに溶けた生ゴミみたいな浪費をかました。時は金なりと言うので、48時間がさてどれくらいの価値なのだろうかと考えてみるが、48円480円4800円くらいまでならまだ頭に靄がかかったままで阿呆面引っ提げていられるのだが、48000円480000円くらいまで桁を上げていくと既に不調をきたして機能不全かましている頭が更におかしくなりそうになる。そんな値段行ったら中古車買えちゃうよ。車欲しい〜とか、そのあたりの物欲はないから平気、いや平気じゃないが、ちゃらへつ。時は金額に換算できないから煮るなり焼くなり好きにしなさい、お腹をくちくするも壊すも減らすもあなた次第なのだから。これを略して時は金なりなんじゃないのかな。違うんかね。そもそも金の価値自体も、段々希薄にしか感じられなくなってきて、頭の中の薄膜がミクロンだか何だかくらいの単位で厚くなってきている感覚があるし、俺はこうして正体不明の取り立て屋に生涯生命活動時間預金からざくざく持っていかれているのだろうな。愚かだ。愚か……。愚かだよ俺は。餃子のあんの方がまだ賢いんじゃないか。ダメだよ〜、頭の中でろんでろんに溶けてダメになってるよ。シューアイス食べたい。風呂の排水管、異物溶かす系薬物ぶっこんで一晩放置してみたり強圧シャワー流してどうにかこうにかしようとしてみたけどまるっきり、もう100パー全然ダメ。ナンセンス。もう……。何て言うの? ダメという概念があの管に流れ込んで堆積してるんじゃない? 俺の身体から流れ落ちたダメが。じわーっと水位が上がってくるのよ、取れない網状のプラスチック製上蓋越しに見てると。うっすら白く濁った、皮脂だか髪の毛だか分からん混合物がふわーって浮かんできて、こっちからは手出しできないまままだぷかーって沈んでいくのね。あら〜、もしかしてあれかしら〜、みたいなね。原因原因〜、的な。まだ暗渠の暗がりにかくれんぼしてさいなら〜って感じなんで、俺が買ってきたパイプ洗浄剤意味ないんかーいって思ったし。リットル注ぎ込んだのに、意味ないもんやね。もう大家さんに言お。これはダメですわ。トイレの薬剤は、まあ。変に甘い匂いしてやだな〜って思ってたけど、鼻が慣れたのかなんとも感じなくなったし。匂いも抑えられたんじゃない? 慣れちゃったから分かんない。水がちょっとだけ泡立ってて面白い。流水で変に凹んだ錠剤がぴょろぴょろ水を撒き散らしているのも。

ポテトサラダで満つ砂場

外から帰ってくると、うがいをしないと不安になる季節よね、そろそろ。ヨードチンキとかのうがい薬を能動的に使った事がないんですけど、あれってどれくらい実際的効果があるんでしょうね。使った記憶。どっかの旅館に泊まった時、置いてあったのでこれはそういう圧力かと思って使用。高校生の時、施設に泊まり込み合宿の時に絶対やりなさーい! というタスクだったので流れで使用。風邪ウイルスが体内に侵入するの、アブソルート許さない系の人間じゃないので、そこまでする……? という感情が先行する。ヨードチンキは漢字で書くと「沃度丁幾」なんですね。かっこいいね。四字熟語っぽさあるよ。「このプロジェクトもようやっと沃度丁幾だ」「彼の性格は沃度丁幾以外の何物でもない」とか。しっくりくるよね。四字熟語じゃないんだけれど。薬局に歯ブラシだとかを買いに行って思ったのだが、あそこってすげえ「いらないもの」を売ってるんだなと思った。それが欲しい、と思うに至らなければそもそも欲求の対象としての抽選内容に含まれないようなものというか。舌ブラシとか。よく分からん漢方みたいなドリンクとか。知らないと必要になった時欲しいと思えないし。シャンプーコーナーとか本当に分かんないもんね。頭洗って変なネバつきとか匂いが残らなければいいよ……くらいしか思わない。シャンプー使わないけど。人生で一回だけ、一回でいいから使ってみたかったので、ブルーレットおくだけを買ってきた。人の家に置いてあるのは見た事あるけど、自分の縁者の家にはなかったのでね。やってみたかったの。色はない方がいいなと思って色んなパッケージを見比べていると、「色がついてないので尿や便の色が分かり健康状態の管理に便利です!」的な事が書いてあって、なるほどははあんと思った。確かにね。赤とか青の排水に黄色いおしっこぶっこんでも何が何やら分からんくなるよね。配慮行き届いてるわ〜と思った。詰め替え用なのを知らずに中の薬剤だけ買ってきてしまったので、手元にペレット状の白いラムネみたいなものしかなく、今更ケースを買いに戻るのもアホらしいので裸で設置してみた。ちゃんと機能するのか、ちょっと溶け切るのが早いだけなのか分からない。パイプの詰まりを化学の力でどうにかする系リキッドも買ってきた。くそでかいくせに安かったので、風呂場排水の大元に大量にどぷどぷ流し込んでやった。これで改善しなかったら……。改善しなかったら……。困ったな……。そういえば前に水回りを工事されて、玄関床下を見る便利ハッチみたいなのがついたのだが、あそこを開けるとやべえ状態に成り果てて酷な様相を呈しているのではないかとビビって開けられない。

羊羹味の水

昨日家に帰ったら、玄関ドアに紙袋が掛けてあった。この前はバスタオルが置いてあったり、家の玄関は忙しそうだ。大家さんは何か用があるとドアに掛けたりメモを貼っつけたりしてくれるので、ビジネス(原義に近い方)が発生したのだなと帰宅した瞬間に分かる。「使ってください」のメモ書きと共に、洗濯バサミと若干のお菓子が入っていた。用事の焦点だけじゃなくてそっとおまけを添える姿勢、いい大家さんだよね。そう思うよ。なぜ洗濯バサミをくれたのかについて考えを巡らせると、私がよく物干し竿から洗濯物を落とすから、という恥ずかしい理由が真っ先に思い当たるので考えない方がよかったかもしれない。ありがたく使わせてもらう、と言いたいところだが、雨が降るたびに雨ざらしになる位置で竿が設置されているため、何か干すたびに竿を布巾掛けするとかいうのは、ちょっと、めんどいな……というのが正直なところだったりする。ハンガーに重いものを掛けた時、たまにずり落ちるので、そういう場面で活用しようかね。あと、風呂場の下水糞詰まりがそろそろ冗談じゃなくなってきて、風呂桶の中は足湯になるわシャワー場は流れる事ができずに溢れた排水で濡れびたしになるわ、踏んだり蹴ったりするのもちょっとやだなというきちゃない水のパレードが毎風呂開催されるようになってきたので、明日パイプユニッシュ的なやつを買ってきて、大元の管にぶっこんで尚改善しなかったら、さすがに大家さんに「風呂場の水回りがヤバいんすけど……」と相談しに行こう。ホンマに流れんからね。笑っとれんよこれは。どこ踏んでも水張りのトラップじゃけぇ……。郵便物再配達依頼を忘れていた。愚かである。明日の午前中に受け取りたい所存です。今シーズン初の柿を食べた。毎回思うけど、柿って思ったよりオレンジ色よね。真っ二つに切る時、種との戦いワクワクするなぁと胸を躍らせて包丁を落としたら何の抵抗もなくまな板をタンっと叩き、種無しを買ってきた事をその瞬間に初めて知ったのだった。皮を剥く時、ちょっとでも身が持っていかれるのが勿体無いわと思いながら剥いている。少し固いところが残っていながらもところどころ柔らかくとろとろになりかけの素敵でナイスな状態で、ヨーグルトに六つ切3つを入れて食べた。もう少し細かく切ればよかった。でも美味しかった。柿をピューレにしたらいい感じそうな雰囲気がもわもわ醸されているけれど、既に世の中にあるのかしら。柿ってちっちゃくてころころしててかわいいよね。

モリデブン

郵便物の不在配達票を捌き忘れていた。くそデカくて厚い本だから、家のポストには入らなかったらしい。最近はデカい本に縁がある。最近でもないか? ひたすらに厚い洋書を見ると、「あ〜やだやだ背表紙が割れちゃう! どうして鉄板でも仕込んでくれないのかしら〜!」という気分になる。200ページくらい繰ると、大概背表紙が伝線して、変なところでミシッと音がして跡がつく。痛々しいので鉄板でも仕込みたい。今日はゴミ収集車よりも早く起きる事ができたのでゴミを出した。袋の内側で、ハエこそ湧くものの蛆がうにうに這い出してこないところを見ると、寒くなってきたんやねえという感じがする。寒いのは寒いが、日中は中途半端な気温のままだ。長袖だと少し寒いが、何かを羽織るとちょっぴり暑いという。めんどくさいよね。n分袖シャツとか売り出して欲しいの。気温の変動に応じて、Tシャツの袖が自動で伸びたり縮んだりするっていう、そういう機能がついてるの。ユニクォが出してくれたらかっこいいよね。その価格帯に収まりきらない気もするけれど。そもそもどうやったら布地が伸縮するのだ。均等に折れ目か何かがついていて、それに従って袖を捲ったり下ろしたりする、とか? ダサいな。機能に実際の動作が伴っていない気がする。もっとスタイリッシュでかっちょよく決まらないとダメそうだ。細いけど強靭な針金みたいなのを袖に仕込んで、いや、これも布地がダダ余りするからよろしくなさそうだな……。もしかして、服作るのって考える事いっぱいでとても難しいお仕事なのでは??? やってみないと分からない事もあるんだねえ。しみじみするよ俺はもう。眠くて頭が重い、ので家に帰ったらぶっ倒れてぐるぐる眠っていた。生産的な行動、頑張るぞ、えいえいおーな気概が卓上調味料の小瓶くらいもない。卓上調味料の、小瓶……? この自問自答はねっちょりした間を空けてしているものです。腹を満たす事で、自分の内面を満たす事はできないんだよ……。変な時間に、マクドナルドに寄って昼ごはんもどきの何かをした。ダブルチーズバーガーは確かにチーズがダブルなのだが、パティから肉らしさを感じないというのはかなりキツい事なんじゃないかと気付き始めた。シャカシャカチキンも久しぶりに食べたけど、こんなもんだったけ? もうちょっと何かあったような気もするが? 向かいに座った人がビッグマックを注文していたので、他人のビッグマックハウトゥイートが気になって観察していた。肉らしさを感じなくて一番キツいのはビッグマックかもしれない。

スルメ咽喉に詰まらせろ

全く同じ条件で見積もり取ったら、40万円くらい違って目ん玉飛び出た。ちびるかと思った。適当に配送希望日を入力したから、もしかしたら何か大型イベントが被っていたのかもしれない。それにしても、そうか……。時機を逸すと、なかなか恐ろしい落とし穴があるものだなと思われた。幸い前回の見積もりが依然有効なので、そっちから注文させてもらう予定ではあるが、それにしても一体何があったらそうなるのか分からない。中華弁当日記。昨日の。卵のと鶏肉のが半々。卵の方はトマトの卵炒めという名前だったのでもう少しトマトの存在感があるものと思っていたら、糸唐辛子みたいなほっそい希薄な存在感の、髪の毛みたいな「トマトの」『皮』が入っていてびびった。多少塩気が強く、むっさむっさした卵だった。ご飯のお供としては、かなり微妙と言わざるを得ない。鶏肉の方は、これもまた何と言えばいいのか、酢豚から酸味と甘味を全部ディプライヴして(ラブライブに似てるな)、豚肉をそっくり鶏肉に取り替えて、焼肉のたれのお化けに乗っ取られたような味がした。ご飯は進むけど、何だろうな、決定的な美点というか長所がなくて、パーフェクト判定が一回もない、グレートだけで完走フルコンボした音ゲーみたいな感じ? がした。微妙さが伝わるかな〜〜〜。分からんな〜〜〜。今日は、いつものあれ、半分麻婆豆腐半分油淋鶏的な鶏肉のあれ。もう、頭悪くて素晴らしいよね。マクドナルドの三角チョコパイ無限に食べ続けたいとか言っている人に見せたら、「何それ最高じゃん」というコメントを頂戴するくらいなので、やっぱり炭水化物は正義なんでしょう。途中から何食ってっか分からなくなるけどなあ。食という行為の意味と意義と、見失っている気がする。まだ20時くらいなのに今日はすげえ眠いな。早く寝るか。入稿ってなんだかエロい響きがあるなあと考えていたら、頭のどこかで「乳交」と変換されていたせいだった。これはパイズリと読む。俺のエロ漫画脳がそう言っている。人としての性能が低下している。いくら寝ても眠いんだよな。俺は赤ちゃんか? 赤ちゃんなのか……。今日の買い物は鶏鍋のスープとかじゃなくて、銀ダラを買ってきて優しーく煮てゆるゆるなご飯を作ればよかったのかな。本当に俺は……? なんだっけ。月末も月末、最後の日でこれ以上の猶予がなかったので、右腕に「家賃」と書いたほどであり、さすがに今日家賃を払った。右腕にメモを書いたのは忘れていた。明日から月変わるのか〜。

さらさら毛筆、パンテーン

今日は割と盛大に寝坊した。あら、これギリギリじゃな〜い! ってなるくらいには。それでも一応朝ごはん食べて家出たから、致命的な寝坊をするのは難しい。身体の中には、表層的なバイオリズム時計と、もうひとつ危機管理用の、ピンチが接近した時だけ災害アラートを鳴らす特殊な時計のふたつがあるんだろうな。普段から危機管理用の、ナーバスでシンシチヴな方が機能してくれていれば嬉しいのだけれど、普段から気ぃ張ってっと疲れちゃうから。早々にダメにならないように、ゴムを引っ張りすぎない、みたいな。小学校で赤白帽被ったと思うんですけど、あのゴムって過度に引っ張りまくると、たちまちたわんだきし麺みたいになっちゃうの。あんな感じで。耐久値を一瞬でレッドゾーンに持っていかないって言うの? モンハンの剣とか太刀とか、切れ味ゲージがあるじゃないですか(最新タイトルでもまだあるのかしら)。紫とか白のゲージがある武器を、途端に赤まで持っていくと、いちいち砥石かけるのめんどくさいよね、と。いい感じにやわこい部位狙ったり、まずは爆弾で外殻吹っ飛ばしてから肉を斬ろうよと。サボりっていうのか省エネっていうのか。使わなくていいエネルギー使うと、地球温暖化進んじゃいますし。地球温室化は実は嘘だとか二酸化炭素やらのせいじゃないとか、世の中って本当に難しいよね。一瞬でも油断したらパイ投げのパイ持った張り手撃ちで横っ面ばっちーんって持ってかれるから。パイ投げやりたいんだよね。まず、パイを前方に、ターゲットに向かって正確に投擲するのって難しいと思う。手にパイ持って、標的の顔面に走って接近してばちこーんするのは、あれはパイ当てだから。おっぱい当ててるみたいになりましたね。パイ当てじゃなくて、パイ「投げ」がやりたいんです。スピードと重さとそれにまつわる物理計算式を乗せて、当たれという思いが彗星の尾のようにキラキラ跡を引きながら、べっちゃあってなってほしい。投げられる側もやりたいし。パイを盛る皿が金属のしっかりしたやつだと前歯が折れちゃうかもしれないんで、アルミの薄いけど形状はギリ保てるくらいで。エンタメっていうか、なんていうか、身体的感覚に連動した目的達成がしたいのよね。俺はボウリングとかダーツじゃこの快感は得られなくて、何だろうね、こういう正道を外した刺激じゃないと勃たないインポになっちゃったね。勃たせる必要がある場面に出会わないんだけど、なんちゅーかね、滾らないって、室温の真水でふやけていく、長期的な死刑みたいなもんだから。

下降無制限

朝起きたら、頭が重曹? バリウム? なんかそういうケミカルにヘビーな感じがしたのは、またぞろ雨が降りくさしおったからですね。天気がいいか悪いかだけで、結構体調に影響を与えていると思うよ俺は。それか、精神的な調子の方がよくないからというだけの理由かもしれんけれど。洗濯物を干し損ねたし。ちゃんとしたサイクルで、順当に季節が巡って、順当に洗濯物が洗われてほしいよね。昨日家に帰ったら、玄関先にぶっとくて長細いキャベツのオバケみたいな物体がどでんと伸びていて、それを太陽が落ちた数分後、薄暗がりの中で突然目にしたものだから「ひょえっ!?」と可愛らしい声こそ出さなかったものの身体を後ろへ咄嗟に引いて身構えてしまうくらいにはグロテスクな光景だった。俺に恨みのある人間の仕業か、はたまた俺への愛ゆえにこのような凶行に走ってしまったのか、あるいはただ大家さんから何かしらの差し入れ的なそれが置いてあるだけなのか。ゆっくり門を開けて、意を決して近づいてみると、のんべんだらりとだらしなく伸びる緑色のそれは、数日前に物干し竿から滑落して窓下で雨風に打たれじょばじょばになったバスタオルだった。大家さんが庭の手入れついでに、あらあら落ちてるわぁとここまで持ってきてくれたものらしい(玄関から窓下までは行くのがめんどくさい)。洗濯物をピックしてもらったのは、これでそろそろ二桁回目なのではなかろうか。落ちても意外と気がつかないものである。落ちたけど即時拾いに行くのがめんどくさいので明日の朝でいいや……と思ったまま忘れている事もある。ダメ人間だ……。他に選択肢もなかったと思うし日本語キーボードのモデルを買ったけれど、アルファベット周りしか書いていないUSAとかブリテンなやつとか、あんな感じのキーボードもかっこいいよね。日本語の約物がどのキーに当たっているのか覚えられないから買わないけど。基本1キー1文字主義で、ピターッと整列しているあのスマートさはイカす。もうイカすって言わないんじゃないかな。言わないのか……? かっこいいのをどう表現するんだろう。エモいが包含する意味領域もよく分かっていない。たまに「これはエモいんですか?」「そうね」と教示を乞う事はある。まあでも、感情の表現をほぼ全て一語で片付けちゃあいかんと俺は思うからね、ねちねちねちねち噛み砕いて組成を開陳していく粘着系でいたいね。炊飯器でお米炊けた〜〜〜と思ったら、翌朝7:00の予約炊飯になってて失敗しました。

家賃を払わずに滞留する内なる虚無

甘くないミートボールが食べたい。パウチのやつは大体甘酸っぱく仕上げてあって、酸っぱいお菓子を食べているのか酸っぱい食事をしているのか、安いやつだから肉が肉肉しくないのもあって分からなくなる。甘くないミートボールとは何か。しょっぱい系。つなぎをほとんど用いず、若干の塩とふんだんのグラウンドペッパーをまぶせばかなりお堅い系の硬派なストロングミートボールができそうな気がする。肉の味が素直に出るので、そこそこの値段を使わなければいけなくなりそうなのがネック。分類しようと思ったらこれしか出てこなかった。他に何かある? 苦い系? 青汁ミートボールか……。緑色の丸い球体って、苔の生えた石かカビの生えたころころウンコにしか見えないからな……。そこまで食べたいわけでもないのにミートボールの話をしてしまいましたね。訳もなく焼肉いっぱい食べに行って翌日の便がめちゃくちゃ固くて肛門の耐久値勝負になるアレをやりたい。あそこまでなっても、とりあえず玄米食っとけば即日でするする出るようになるから玄米は偉大だ。焼肉もミートボールも年単位で食べてない気がする。そんな食べ物あったかいね。食べ物はそれなりの値段払わなければ、心を吹き抜ける微風にさえなりえない。とか言いつつ、心が枯れて萎えて、2年くらい水をやらず高所に置きっぱなしで埃に溺れて茶色と黄色だけになりつつも形を損なわなかった百均で買った鉢植えを思い出す。退去の時、あれだけを置き忘れて完璧を期せなかった事が残念だった。管理会社の人が捨ててくれたのかな。不動産の話で思い出した、俺まだ今月の家賃払ってねえ。払わなきゃ。金はある。ただひたすらに忘れる。明日も忘れるとさすがに限界が来るので、今カバンに通帳を突っ込んだ。ここまでやって忘れたら……。忘れたら……。愚かだとしか言いようがないな。ついでに口座間の中身移動でもするか。夕方の虚ろな意識の中で突然閃いて、なんかノートに書き残したけどなんだっけ。心が虚無い、みたいな事を書いていた。虚無いよね、すぐ色んな事忘れるし覚えてないし。めんどくなってマクドナルドでハンバーガー2個と、本当はもう一個買ってこようと思ってたのに、ニューフェイスでスパイシーチキンとかいう200円の洞察クオリティっぽいのが登場していたからそれにした。すっぴんのハンバーガーはあれよね、食事をしているという自覚さえ通り過ぎさせてくれるから好きだね。チキンの方は、自分で50円くらいで作れそうな味だった。好きだぞそういうの。